• ゼロ円仕入れ(買い物)
    ノウハウ販売実績とご購入者さまの評価
    2017年10月7日
  • ゼロ円仕入れ(買い物)
    【Amazon転売仕入術】アマゾン仕入れから販売まで
    2019年5月17日
  • 転売・せどり
    転売の価格差がなくても稼げるMAXポイント仕入れの裏ワザ
    2018年6月7日
  • ゼロ円仕入れ(買い物)
    ゼロ円買い物(仕入れ)取り引き実績(証拠画像)
    2017年10月1日
  • もう騙されへんで【詐欺商材撲滅】
    ネット詐欺師に騙されない為の悪徳詐欺商材の見分け方
    2017年9月29日
  • ゼロ円仕入れ(買い物)
    転売におススメ!メルカリなどで利益を出す倒産品/在庫処分品/訳アリ情報
    2018年5月17日
  • ゼロ円仕入れ(買い物)
    【Amazon】《完全無料》買い物&仕入れノウハウ購入者様 専用ページ
    2018年4月11日
  • 美味しい話はあるのか?ないのか?
    ポイントサイトを駆使して稼ぐ!お得な【100%還元】転売なら価格差不要!
    2018年5月28日
  • 【Youtube】は稼げるのか?否か?
    その手があったか!1日の利益5000円も狙える超穴場転売ノウハウ!商品から仕入先まで・・・
    2018年6月13日

インターネットで悪徳商材や詐欺情報に騙されないために

 

「情報商材」購入前に中身を確認することができない分、「詐欺ノウハウ」「バッタもん」「パチもん」が多数存在することは否めません。

 

私自身もインターネットビジネスに参入した当初は、甘い言葉に騙され、ついつい「詐欺商材」を購入してしまった経験は決して少なくありません(笑)

 

ただ、私自身「騙された!」という認識はあまりなく、販売者を責めたことは2度(情報販売者と未払いASP)しかありません。

その際のやり取り(返金と支払)も別の機会に紹介させていただきますので、今後のあなたのネットビジネス活動の一助にしていただければ幸いです。

 

  • 明らかにLP(ランディングページ:商品を紹介し購入まで誘導するサイトページ)記載情報と異なる場合

→ 全額返金していただきました。

 

  • 無料オファー等で一切不正をしていないにも関わらず報酬を支払わない場合

→ かなり有名な方で古くから第一線で活躍されています。キャッチコピーは「日本一のメルマガ読者数を誇る」です。アフィリ報酬を全然支払ってくれないので支払って頂きました。

 

  • 2016年春にインターネット界の重鎮に弁護士経由で訴えられた場合

→ 重鎮のノウハウを10万円で購入して実践ブログを立ち上げました。ノウハウで稼ぐことはできませんでしたが、決して否定的なサイトではありませんでしたが、顧問弁護士から「サイトを削除しないと名誉棄損で訴える」と言われました。

全く悪いことをしていないので、その旨書面を送りつけましたがその後返信なしで現在もサイトは運営中です。

 

  • サイトで使用した画像の所有者が米国のコンテンツ会社で弁護士に15万請求された場合

→ 弁護士からは内容証明郵便で「15万請求」と送られてきましたが、色々調べると胡散臭い米国企業とそれと手を組む実在する悪徳弁護士と判明。全力で無視しました。

もちろん無断使用は故意ではないにしろ悪いことなので画像と記事は削除しました。

 

色々と調査して、悪い人と判断した場合以外は「その商材を選んだのも自分」「実践したのも自分」そして「途中で挫折したのも自分」・・・です。

 

受験勉強やクラブ活動、就活、ビジネス活動と同じで、あくまでも実績が出せないのは自分に非があり、他人や環境のせいにしないようできるだけ心掛けています。

 

気になる情報商材の購入を迷ったときは、ネットでいろいろと検索するのですが、結局「賛否両論」なんですよね。

もちろん「良い意見」も「悪い意見」も意図的に情報を操作している可能性の方が多いので注意する必要がありますけど。

 

このマニュアルは、そのような時に善悪を判断する「モノサシ」としてご活用いただけるように、今までの私の失敗や経験をパターン化したものです。

 

みなさんの今後のインターネットビジネス活動の参考にしていただければ幸いです。

 

それでは・・・

販売ページの最下段にある「特定商取引法の表示」

 

もちろん住所、氏名、連絡先が記載してあるから安心とは言えません。

 

インターネット上はある意味「無法地帯」だと考えておきましょう。住所も氏名も連絡先もデタラメを書いておけば良いだけなので「特定商取引法の表示」があるから大丈夫だと判断してしまうあなたは詐欺師の「カモ」です。

 

「特定商取引法表示」は詐欺かどうかを見極めるための情報が満載です。

 

情報商材の販売は、法律上は訪問販売と同じ扱いになるので

 

  • 販売者の身分と連絡先を明記しなければならない
  • 販売方法をしっかりと説明しなければならない

 

この2点を消費者に対して表示するのが「特定商取引法表示」になります。

 

あなた宛てに送られてくるメールやインターネット検索でたどり着いた情報商材の販売ページやレターページ(メールアドレスの取得を目的とするページ、またはランディングページ(略してLP)などに通常は記載されています。

「特定商取引法表示」に記載されている住所や電話番号などをgoogle検索や地図検索してみましょう。

 

Google先生HP

https://www.google.co.jp/

 

よく使われる手口として安価な「バーチャルオフィス」を利用する詐欺師もいます。

 

たとえば上のように「グリーン株式会社」と表示されていれば、実体のないバーチャルオフィスでは株主にウソをつくことになるので「証券取引法違法」です。

 

会社の存在の有無を確認するには、 ゼンリンの「いつもNAVI」を活用します。

 

みなさんご存知のゼンリンは、日本で唯一の住宅地図の制作会社で、一軒一軒の住人の名前まで調査したうえで地図記載をするのでビルに入居するテナント情報を把握しています。

 

ゼンリンの「いつもNAVI」はカンタンに無料会員登録できるのでぜひ活用してください。

 

ゼンリン「いつもNAVI」HP

http://www.its-mo.com/

詐欺師が良く使う手口として・・・

「特定商取引法表示」に該当する住所地ビルには、表示されている「株式会社◯◯」ではなく、

別の会社(バーチャルオフィス提供会社)ということはよくあるパターンです。

 

それでは・・・

 

東京都新宿区4丁目1-22 に「グリーン株式会社」は・・・・あるか?

残念・・・・ありません(笑)

 

残念ですが・・・

銀シャリ (お笑い) の橋本さんに良く似た池田光氏は詐欺師確定です。

 

銀シャリ(ぎんシャリ) は、吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)東京本社所属。2005年8月結成。大阪NSC25期生。M-1グランプリ2016王者の正統派漫才コンビ。

関西人の私は・・・・もちろん銀シャリ好きです。

 

 

続いて・・・

「実践内容」は間違いないなく本当か?

 

*マニュアル記載内容と画像は関係ありません↑

 

ネットビジネスで月収100万円を稼げるようになるのはもちろん本当の話なのですが、「楽して稼げる」ものではありません。

有名なアフィリエイターやせどらー、投資家といった方たちはみなさん全員が、目まぐるしく変化する時流に必死で適応し「試行錯誤」「トライ&エラー」「PDCA」「カイゼン」を繰り返し実績をあげられました。

何もしないで月100万円

・ほったらかしで月100万円

・寝ているだけで月100万円

・たった2クリックで月収100万円

 

なんてことはゼッタイに有り得ませんから、そろそろ目を覚ましましょう!!

そんな「夢」のような絵に描いた餅のキャッチコピーに溢れているようなLP(販売ページ)は、警戒が必要です。

 

東大とは関係ありませんから(笑)↑

 

画像はあくまでも参考イメージです。

 

セールスレターページに記載されているキャッチコピーや文言にウソ偽りや不審な点が無いかをじっくりと確認していきましょう。

腕組みしてる画像

 

ガッツポーズしてる画像

 

詐欺率 高めです(笑)

・再現性100%!

・3ヶ月以内に稼げなければ全額返金!

・小学生からお年寄りまでだれでも稼げます!

 

などのキャッチコピーが踊っているのも間違いなくアカンやつです。

 

再現性とは、誰がやっても、販売者と同じ状況になって レター通りの効果が現れる確率のことですが、 100%ならば、どんな人がやっても全員稼げる、ということになりますね。

 

パソコン知識0の主婦でも、小学生でも、60超えの年配の人でも、 障害者でも100%だと、言い切るわけですよ。

 

どんなノウハウであろうと、買っても、マニュアルを読むことすら難しく、 やらない人は稼げないですし、100%はありえません。

 

情報取り扱いのASPは問題ないか?

 

3点目そして、これが1番重要なポイントなのですが、

販売元がインフォトップやインフォカートである場合は、詐欺の可能性は極端に低くなります。

【例】インフォトップ経由の商品リンク

https://www.infotop.jp/click.php?aid=310931&iid=71922&pfg=1

 

【例】インフォカート経由の商品リンク

http://www.infocart.jp/e/63649/182842/

 

販売元(決済会社)がインフォトップやインフォカートである場合、少なくとも「詐欺」という定義の「商材」は存在しません。

 

特に最近では、インフォトップやインフォカートへ出品する際のチェックが厳しくなっています。

LPで「稼いでいる」と記載した場合には「稼いでいる証拠の提出」を求められたり、

 

特定商取引法の住所、氏名、、電話番号、連絡先などは「住民票」の提出が義務付けれれており、ASPから電話確認のチェックが入ります。

 

このような厳格な審査基準をクリアして初めて情報やツールの販売が可能となりますので、これらのASP経由で販売されている場合には、「詐欺商材」である可能性は非常に低いと判断できます(あくまでも判断基準です)。

 

*ただしノウハウの再現性の高さには個人差があります。

 

ヤフオク!などに出回っている情報の真贋について

最初に結論から言いますと・・・

出品されている「稼げる系ノウハウ」「お悩み解消系ノウハウ」の8割詐欺もしくは再現性の極めて低い極めて誇張した表現の情報商材です。

ハッキリ言って稼げません!!

 

 

ココから先の情報は・・・

現在、一生懸命作成中です・・・・。

【追記】かなりニッチな超絶裏ワザ的ノウハウです(笑)

楽天で仕入れメルカリで販売するというとってもシンプルな内容です。

シンプルだからこそ初心者から上級者までしっかりとコツを押さえて取り組めるノウハウになっています。

関連キーワード
  • ノウハウコレクターから今すぐ抜け出す方法について学ぶ
  • ネット詐欺師に騙されない為の悪徳詐欺商材の見分け方
  • マスターマップ運営事務局から「提訴」しますとメッセージが届きました。
  • マスターマップ実践ブログ管理人のネットビジネス回顧録2016
  • 『ベストの1冊は?』と聞かれたらwww迷わず「コレ!」と言えるビジネス書
おすすめの記事