LINEで送る
Pocket

2011年にスティック型コードレス掃除機「DC35」を発売し、同カテゴリーを切り開いてきたダイソン。今や日本市場では「全コードレス掃除機のうち半分以上がダイソンで、金額では60%を超えている」(ダイソン日本法人の麻野信弘社長)という。掃除機全体で見てもコードレス製品は成長を続けており、伸びしろのある分野。そこへたたみかけるように、同社はハイエンド「V8」と前モデル「V6」とのすき間を埋める「V7シリーズ」を新たに投入した。もはや家庭内のメーンの座をキャニスター型から奪いつつあるコードレス掃除機において、ダイソンはどのような発想でさらなる進化を目指すのか。噂される「全固体電池」の搭載は…。来日したダイソンの開発責任者に話を聞いた。(聞き手/酒井 康治=nikkei BPnet)

●コードレス掃除機が浸透した2つのブレークスルー

――現在、スティック型コードレス掃除機の成長がこの市場全体をリードしています。日本では、2017年はキャニスター型と比較しても4割以上はコードレスが占めると言われています。つまり、もはや家庭のメーンの掃除機は、コードレスに取って代わられつつあると考えていいでしょう。その市場をリードしてきたダイソンにとって、勢いのあるコードレス掃除機をどうとらえているのか教えていただけますか。

ジョン・チャーチル氏(以下、チャーチル氏):ダイソンは2011年に投入した「DC35」がスティック型コードレス掃除機の出発点となります。それまでのコードレス掃除機は妥協すべき点が多すぎて、市場性はありませんでした。ダイソンのコードレス掃除機が今日のようなポジションを築けたブレークスルーは2つあって、1つは小型でパフォーマンスの高いモーター技術を開発できたと、もう1つは使い勝手のいい製品の重量バランスです。

 スティック型よりも先に「DC16」というハンディ型のコードレス掃除機を出したのですが、バランスのとれたバッテリーとモーターの位置を実現できたことで、これをどのように新しい形で家庭に取り入れられるか考え始めました。そこでこの重量バランスなら、軽量なスティックと組み合わせれば……と、エンジニアが自分の家庭に持ち帰って使い始めたのがきっかけです。DC16は他社製のモーターを使用していたのですが、DC35ではコードレス掃除機向けにモーターを自社開発することによって、ハイレベルのパフォーマンスを得ることができました。そしてこの重量バランスによって、床だけでなく高い場所の掃除も可能になるなど、掃除機に多様性を持たせることを可能にしたのです。

 そして、2013年に投入した「ダイソン デジタルモーター V6(DDM V6)」(搭載製品は「DC62」)ではそれまでのパーツをすべてアップグレードし、新しい世代の技術を投入することで、出力も200Wから350Wに向上しました。その結果、従来に比べ高い頻度で使用してもらえ、なおかつより確実にゴミを吸引できるようになりました。

――そして昨年、「V8シリーズ」でさらに大きな進化をとげましたよね。明らかにコードレス掃除機が次の世代に移行した印象です。

MAコンサルティング㈱の資金調達マニュアル 体験談とネタバレがヤバいかも

MAコンサルティング㈱さんの
資金調達マニュアルがネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?